子供の視力回復 視力低下を止める方法

視力回復トレーニングに関するよくある誤解

子供視力

 

効果がない詐欺である

 

実際に効果もないのに、高額な費用を請求されたりした例は多くあります。
しかしこれは視力回復センターに限った事ではありません。
残念ながら世の中には他人の弱みにつけこんでお金もうけを企む人がいるのです。

 

視力回復センターに通う場合は口コミやお店の評判を必ずチェックしましょう。
特にお子さんを視力回復センターに通わせる場合はより慎重にセンターを選びましょう。

 

高額である

 

視力回復トレーニングは自宅でも出来ますが視力回復センター等の専門施設に通うと費用が発生します。
良心的な価格設定のところもあれば、高額な請求をされる施設もあります。
料金設定に決まりはなく施設により設備や価格が異なるのが実情です。

 

多くの視力回復センターは地域の学習塾やスポーツクラブと同等です。
一つの目安になると思います。

 

トレーニングを止めると視力が下がる

 

視力回復トレーニングはストレッチや筋トレと同じ性質があります。
ストレッチもやめてしまうと体が硬くなりますし、筋トレもやめてしまうと筋肉は落ちていきます。

 

施設に通い続けるかどうかは、各家庭での判断ですが、回復した視力を維持するにはトレーニングも継続する必要があると考えましょう。

 

結局メガネが外せない

 

視力回復トレーニングのゴールはメガネなどの矯正具を必要としなくなる事ではありません。
現状より視力を回復することが目的です。

 

矯正が強いほど、日常生活に負担がかかります。
たとえわずかでも視力が回復すれば、眼の負担を小さくする事が出来ます。

 

視力は変わらない

 

視力回復トレーニングをしても視力測定の結果が変わらない場合があります。
しかしだからといって視力が全く回復していないわけではありません。

 

一般的な視力検査は5m先の視力検査表の文字や記号を読み取る事で測定します。
しかし実際の生活では物を見る距離は様々です。
検査の結果が変わらなくてもピントを合わせるのが早くなったり、目で物を追う能力が上がるなど生活の上で必要な視力の向上は期待出来ます。

 

体感的な効果は数字には表れませんが、視力で悩む人からすれば楽になったと感じるはずです。