視力矯正と視力回復

視力矯正とは?

視力矯正とは?

メガネと検査表
メガネやコンタクトレンズなどの矯正具を用いて低下した視力を補う方法です。
メガネやコンタクトの矯正具をしている時は視力が戻りますが、外すと元の視力に戻ってしまいます。

 

コンタクトレンズは見た目も変わらず便利ですが、眼に直接レンズを乗せるため、衛生管理や安全面で小学生では装用を勧められない場合もあります。
子供の場合、一般的にはメガネが主流になっています。

 

関連記事:視力矯正の種類

 

視力回復トレーニングとは?

近視とは遠くの物がはっきり見えなくなる眼の症状です。
眼の形などの遺伝要因とパソコンやゲームなどの環境要因でピント調整機能が低下することが近視の原因だと考えられています。

 

遺伝要因はどうすることも出来ませんが、環境要因によって落ちた眼のピント調整機能は「眼のストレッチ」や「眼の筋力トレーニング」で回復が期待出来ます。
この「眼のストレッチ」や「眼の筋力トレーニング」を視力回復トレーニングと言います。
子供視力

 

視力トレーニングは自宅で出来る方法から、専門家のいる施設に通う方法までさまざまあります。