視力回復トレーニングとは?

視力回復なんて本当に出来るのか?

日本では医療機関をつかさどる厚生労働省が視力が回復する可能性を認めていません。
そのため眼の権威や眼科の先生も視力回復を否定しています。

 

しかしこれは「現在の医学で近視を治すことが出来ない」、「裸眼視力を回復させることが出来ない」というだけで全く可能性がない訳ではありません。

 

実際に海外の先進国では視力回復は珍しい事ではありません。
アメリカでは国家資格をもった専門家が活動するほど普及しています。

 

大人でも視力トレーニングを受けると効果がある人が多くいます。
成長期の子供であれば、大きく回復することも期待出来ます。

 

子供視力
もちろん回復する視力は個人差があります。

 

本当に回復するだろうかと不安になる気持ちも同じ親として理解出来ます。
もし効果がなければ、効果が期待しているほどでもなければ費用と時間が無駄になります。

 

でも、もっとも大切なものはお子さんの成長期です。子供は一日一日成長を続けています。
後になってあの時、視力回復に取り組んでいればと後悔したくはありません。

 

視力回復トレーニングは手術をしたり、薬を使ったりといった医療行為ではありません。
視力トレーニングが原因でそれ以上視力が下がったり、眼の病気を発病したり、副作用があるといった心配はありません。

視力回復トレーニングの基本は遠近法

視力回復トレーニングの基本は遠近法です。
遠近法
人の眼は遠くの物を見ると眼はリラックスし、近くの物を見るときは緊張をします。
この性質を利用して、一定の周期で近くの物と遠くの物の間で視線を動かす事で眼のピント調整機能を正常に戻します。
遠近法

 

ただ遠くを見続けても効果は薄いそうです。
近距離と遠距離を繰り返す事が眼のストレッチになり、眼の筋肉トレーニングになるとされています。

 

実際の視力回復トレーニングでは遠近だけでなく段階的にピントを合わせる位置を変えていくなど科学的なトレーニングが導入されています。

日本で唯一視力に向き合う専門家

視力回復トレーニングを民間療法と否定的な意見も多いのは事実ですが、その中身は海外の先進国で多くの実績のある科学的トレーニングです。

 

そして視力回復のトレーナーやインストラクターは日本で唯一視力を取り戻す事に向き合う専門家です。
視力回復に唯一取り組んでいるスペシャリストです。

 

メガネをかけたくない、なるべく裸眼視力を取り戻したいと考える人にとってはとても頼りになる存在です。
多くのトレーナー、インストラクターは海外や日本国内の視力回復の事例を研究し、日々トレーニング効果を上げる努力をしています。