子供の視力回復 左右の視力に差がある場合

左右の視力に差がある場合

不同視

左右の視力に差がある事を不同視と言います。
左右の視力が違うと頭痛、疲れやすい、肩こり、物が二重に見える、遠近感がつかみにくいなど様々な症状が出ます。

 

異種不同視
片側の眼が近視、もう一方が遠視といった症状です。

 

同種不同視
両眼とも近視、遠視ですが、左右の眼で屈折度に差があり視力の差が大きい状態です。

 

子供の不同視

両眼だと物が見えて不自由なく生活できるため、気づきにくいものです。
不同視を放っておくと視力の良い方の眼ばかりを使い、視力の悪い方の眼であまり物を見なくなります。
結果的に良い方の眼が酷使され、近視が進んだり眼の病気を引き起こす事があります。
悪い方の眼は使われないため、眼筋などが衰え、より視力が悪くなるなど良い事はありません。

 

不同視の矯正

左右の視力差が大きいとメガネでの矯正が難しい場合があります。
レンズの厚みが違うため、物の大きさが左右で異なって見えたり歪んで見えたりします。
最近は度が強くても薄いレンズもありますが、屈折率の違いは大きなものです。

 

コンタクトレンズは度数によって厚みがほとんど変わりません。
年齢が許すならコンタクトレンズの方が自然な矯正が可能です。