弱視とは?|子供の視力回復 用語集

弱視とは?

弱視とは?

一定限度以下の視力を弱視と言います。
基準は矯正後の視力が両目で0.04以上0.3以下とされています。
裸眼ではなく矯正後の視力です。

 

弱視の原因

乳幼児期、視力発達の段階でなんらかの理由により網膜に像が映らず刺激が加わらなかった場合、視力が正しく育ちません。