軸性近視とは?|子供の視力回復 用語集

軸性近視とは?

軸性近視

正常な視力
軸性近視
眼球がラグビーボールのように楕円形に伸びる事により網膜が角膜から遠ざかってしまう症状です。
遠くを見たとき、水晶体を薄くしても網膜まで届かず、網膜の手前で像を結んでしまいます。
遺伝的な影響もあると言われていますが、屈折性近視の状態を放置すると軸性近視に進むとも言われています。

 

屈折性近視が仮性近視と呼ばれるのに対して、軸性近視は真性近視と呼ばれます。