過矯正とは?|子供の視力回復 用語集

過矯正とは?

近視を矯正しすぎた状態を過矯正と呼びます。

 

  • メガネやコンタクトを作る場合に強すぎる度を選んでしまった。
  • 近視の度が弱くなったため、これまで使っていたメガネの度が強すぎる状態になった。

 

など過矯正になる要因は様々です。

 

近視の過矯正は一種の遠視になっています
遠視になると本来なら眼がリラックスできるはずの遠くを見たときもピント調整が必要になり眼に大きな負担がかかります。