子供の視力矯正 コンタクトレンズ

子供の視力矯正 コンタクトレンズ

お子さんによってはメガネをかける事を嫌がる場合もありますね。
コンタクトレンズは見た目も変わらず、スポーツ時にも便利なため子供の利用者が増えています。
実際の使用率は小学生 0.1%、中学生が5.9%、高校生になると25.2%と年齢とともに増えています。(平成18年データ)

 

コンタクトレンズ

 

コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズはメガネに比べ、目に直接乗せるため、矯正器具としてはメガネより優れています。

  • 眼球と一緒に動くため視野が広く、ピントのずれもありません。
  • メガネをかけた時と裸眼で物の大きさが違って見える事がありますが、コンタクトレンズではそれが少ない。
  • 左右の度数に差がある場合、メガネでは左右で物の大きさが歪み具合が異なりますがコンタクトレンズではそれが少ない。

 

コンタクトレンズのデメリット

デメリットは安全性です。
メガネで眼を傷つける事はありませんが、コンタクトレンズは眼に直接乗せるため、目の病気や障害を引き起こすリスクがあります。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには、角膜より小さく水分を含まないハードコンタクトレンズと角膜より大きく水分を含むソフトコンタクトレンズがあります。

 

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズのメリットは安全性です。
異物感やずれ易いといったデメリットはありますが、角膜に傷が出来たり、目の調子が悪いと痛くて装用出来ません。
そのため目の病気を早期に自覚出来ます。

 

また光学性能が高く乱視の矯正にも向いています。

 

ソフトコンタクトレンズ

柔らかく装用時に違和感がない、ずれにくいといった特徴からスポーツをするときに便利です。
一方装用感が良いため眼のトラブルに気が付きにくく、目の障害が重症化するなどの危険性があります。

コンタクトレンズに年齢制限はあるのか?

コンタクトレンズに年齢制限は設定されていません。

 

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」のため、眼科で検査を受ける事が必要です。
取扱いに注意が必要なことから小学生にはコンタクトレンズの使用を勧められない場合もあります。

 

レンズの管理や衛生面を考慮して中学生くらいからと考える人が多いようです。