子供の視力矯正 メガネ

子供の視力矯正 メガネ

もっとも一般的な視力矯正の方法がメガネです。
メガネを作るには、

  • 眼科で処方箋をもらってメガネを作る方法
  • メガネ屋さんで測定してもらいメガネを作る方法

があります。

 

メガネ

 

診察代など負担が増えますが、お子さんのメガネの場合、出来れば眼科で検査してもらってからメガネを作る事をお勧めします。
成長により近視が進みやすい子供の場合、正しい矯正が必要だからです。
正しい矯正とは、近視でなかった場合の視力を取り戻す事です。

 

眼科も可能であれば小児眼科を受診してください。

 

一般的なメガネ店では医療的な度数の決定は出来ません。
本人が見えやすいか、見えにくいかだけで度数を決めてしまいます。

 

最近では子供専門のメガネ店もあるようです。
子供の顔に合うように小さなフレームの品ぞろえも多いのでおススメです。

 

保証制度を上手に利用しましょう

 

成長期の子供は近視が進行し度数が合わなくなる事が考えられます。

 

メガネ店によっては「購入後、半年間は度数が合わなくなったら無料でレンズ交換」などの保証サービスが用意されている場合があります。
期間とサービス内容には各店差がありますが、上手に利用して適した度数のメガネをかけられるようにしてあげてください。