子供の視力矯正 オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは?

 

特殊な形状のハードコンタクトレンズを就寝時に装着し、一時的に角膜のカーブを変えることにより、視力を矯正する方法です。

 

メガネやコンタクトとの違い

オルソケラトロジーの特徴は日中は裸眼で過ごせる事です。
メガネをかけるわずらわしさもありませんし、コンタクトレンズのように外れたりする心配もありません。

 

レーシック手術との違い

レーシック手術と異なり、角膜そのものを削ってしまうわけではありません。
特殊なコンタクトレンズの装用を辞めれば数日で元の状態に戻ります。

 

オルソケラトロジーのデメリット

日中に視力が変化します

視力矯正の効果は8時間から36時間です。
コンタクトレンズを外した時がもっとも高く、時間とともに効果は薄れていきます。

 

眼の病気になる可能性があります

レーシック手術と比べると安全ではありますが、コンタクトレンズを使う以上、角膜障害や眼の病気を引き起こすリスクがあります。

 

弱い近視しか矯正できない

矯正できる視力に限界があります。

 

オルソケラトロジーの年齢制限

法律的に年齢制限はありません。病院やクリニックの判断によります。
興味がある場合は取扱い医院やクリニックに相談してみましょう。