子供の視力回復 近視は遺伝?

近視は遺伝する?

「自分が近視のせいで子どもの眼が悪くなった...」

 

そんな風に自分を責めるお母さんの話を良く耳にします。
確かに近視には遺伝的な要因がありますが、大きな誤解があります。

  • 近視そのものが遺伝する訳ではなく、近視になりやすい眼の構造が遺伝する
  • 眼の構造は劣性遺伝である(遺伝しにくい)

つまり遺伝的影響による先天性近視より、眼の使い方に原因がある後天性近視が圧倒的に多いのです。
近視は遺伝する?

遺伝する近視になりやすい目とは?

角膜を通過した光は水晶体で屈折し、網膜で像を結びます。
これが物が見える仕組みです。

 

一般的な近視とは「眼の軸が横方向に伸びてしまい、網膜の位置が下がりうまく像が結べなくなってしまう症状」を言います。
眼の構造上の近視で軸性近視と言います。
近視になりやすい眼とは、このラグビーボールのような横方向に伸びやすい要因を持った眼を意味します。

 

軸性近視

 

軸性近視になりやすい眼の構造だとしても100%近視になるとは限りません。
網膜の位置が下がったとしても屈折で調節出来れば正しく見えるからです。

 

遺伝より、眼によくない生活環境を改善しましょう

 

軸性近視は遺伝的要素があると言われていますが、遺伝的要素だけで近視になるより、生活習慣の影響が加わり近視になるケースの方が多いのです。

 

つまり眼の悪い両親と暮らしている子供は知らず知らずのうちに眼に良くない生活環境に身を置いていると言えます。

 

眼の形はどうにもなりませんが、近視になりやすい生活環境は改善出来ます。

「遺伝」と一言で片付けてしまうより、目に悪い生活習慣をひとつづつ減らして行く事が大切ではないでしょうか?